MENU

厚生労働省も認める美白効果!シミを予防!さらに消す事も期待できる!


シミ対策としてまず考える事が出来るのが、美白効果が高い美白作用ありの成分によるシミ対策です。
美白化粧品の概要としては、シミを消すのではなくて、シミの元のメラニン色素の生成を抑えたり、シミやそばかすなどを防ぐ事にあります。

 

 

 

しかし、最近注目されているハイドロキノンと呼ばれる成分はメラニンの生成を抑えるだけでなく、メラニン自体を薄める効果があるとされています。
その為、ハイドロキノンが含有されている商品を使用する事でシミを消す事が期待出来ます。
厚生労働省が認めた美白成分を使用してシミ対策をしたいならハイドロキノンを含む商品でシミ対策するのがベストですね!

ハイドロキノン含有商品のランキング1位は「シミ対策のハイドロキノン含有商品」で紹介しています。

 

 

以下はハイドロキノンとそれ以外の厚生労働省が認めた美白成分の一覧になります。参考までに御覧ください。

 

 

美白効果を厚生労働省が認めている成分のまとめ

j

ハイドロキノン メラニンの生成を抑えて、シミ、そばかすなどを薄める効果があり注目されている。

⇒「人気のハイドロキノン含有商品

アルブチン コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体
トラネキサム酸人工合成されたアミノ酸
カモミラET カモミールというキク科の植物の葉から抽出した成分
4MSK サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称
ビタミンC誘導体 生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。

⇒人気の「ビタミンC誘導体含有商品

リノール酸 炭素数18の不飽和脂肪酸の1種である
ルシノール POLAが開発した美白成分
プラセンタエキス 馬や羊など哺乳類全般の胎盤エキス
エラグ酸 天然フェノール系の抗酸化物質
t.AMCHA(シクロアミノ酸誘導体) 大手化粧品ブランドの資生堂が研究、開発した美白成分
コウジ酸 コウジ酸は1907年に麹から発見された化合物

 

 

 

注目を集める美白成分のビタミンC誘導体!


厚生労働省が認める美白成分の中でも注目を集めているのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は身体の中で酵素反応を起こしてビタミンCになる成分の事を指します。

 

 

 

ビタミンCが肌トラブルの改善で効果がある事は認められています。強い抗酸化作用で若返り効果を期待してビタミンCを多く摂取する人も多いでしょう。
しかし、ビタミンCをそのまま果物などで摂取しても、ビタミンCは分子構造が壊れやすいと言う不安定さがあります。
その為多くのビタミンCを口から摂取しても、最終的な体内の吸収となるとさほど多くは吸収出来ないのが実情です。

 

 

 

ビタミンC誘導体として化粧品などで浸透させると、このビタミンCをそのまま摂取するよりも身体の中でビタミンCとなる事で安定性と体内の長期滞在性、また、吸収率が上がる大きなメリットがあります。

 

 

 

結果、強い抗酸化作用を期待出来るビタミンCの効果を最大限にまで高めて吸収する事が可能になるのです。
この発見があり、ビタミンC誘導体の成分が現在、美白成分や肌トラブルの改善成分として注目を集めています。

ビタミンC誘導体を含んだ化粧品は「美白効果!ビタミンC誘導体含有商品」で紹介していますので参考にしてください。



トップ/自宅でシミを消す
食品でシミを薄くする
化粧品でシミを消す
サプリ&薬でシミを消す
番外/美容外科でシミを消す