MENU

チェック!シミの種類は大きく分けて6つある!


シミと一言で言っても実は6種類のシミがあります。当サイトでシミを消す方法を紹介していますが、対象のシミは最も多い「老人性色素斑」と呼ばれる紫外線などが主原因で出来る一般的なシミです。

 

 

 

その他にも肝斑(かんぱん)などの頬骨付近に左右対称に出来るシミもありますし、イボ状のシミもあります。
以下が6種類のシミの種類ですので参考にしてください。

 

 

 

確認!6種類のシミ一覧まとめ!
@老人性色素斑 紫外線が主原因で出来る最も多いタイプのシミ
A炎症性色素沈着 傷跡や虫刺され跡にシミになったタイプ
B肝斑(かんぱん) 頬骨付近に左右対称でぼんやりできるシミ
C脂漏性角化症 イボ状のシミ
D花弁状色素斑 花弁状のシミ
E雀卵斑(じゃくらんはん) 生まれつきのシミ。そばかすの事

 

 

これらの6つのシミのうち、自宅で出来るケアで消せるシミは最もシミとして多い「老人性色素斑」とニキビ跡や虫刺され跡などから起こる「炎症性色素沈着」です。それ以外のシミ対策は自宅ではなくて専門の美容外科、美容皮膚科、又は美容クリニックなどで施術するのが一般的です。

 

 

 

 

自宅で消せるシミなら「自宅でシミを消す方法」を参考にしてください。また、自宅で消す事が難しいシミの場合はシミ除去の症例数が多い美容系クリニックを選んで施術するのがポイントです。施術数が少ないクリニックは皮膚トラブルなどの可能性も高まります。

 

 

 

 

症例数が多いシミ除去を実施している美容系クリニックは「シミ除去の症例数が多い美容クリニック」で紹介しているので参考にしてくださいね。

 



トップ/自宅でシミを消す
食品でシミを薄くする
化粧品でシミを消す
サプリ&薬でシミを消す
番外/美容外科でシミを消す